終身の計は、人を樹うるに如くはなし!


 謹賀新年。明けましておめでとうございます。
 今、こちら上海で、0:00を回り、近くで打ち上げ花火が上がってます。
 
 いよいよ新しい年、2006年の幕開けです。

 今年は、ここ上海で会社を設立して3年目を迎えます。

2004年 試行錯誤の年 
2005年 飛躍準備の年
2006年 飛躍の年

 となるように、頑張ります!
 
 一昨年の2004年には、特に固定的なお客さんもいないまま、異国の地、上海に渡り、一体これから、どうやってビジネスを展開していくべきか?よくわからないことだらけで試行錯誤の毎日でした。

 昨年2005年は、年初、躓いたものの、後半から少しずつ固定的なお客さんが増え、良い流れ!しかし、まだまだ!
 6月には、事業範囲を拡大すべく、思い切って、資本金10万元から100万元に増資しました。

 さてさて、いよいよ 今年が本番!勝負の年です。
 緊張感もありますが、ワクワクもしてます!

 旧正月明けには、初の試みのイベントも予定しています。
 果たして、目標の参加者数が集まってもらえるかどうか?不安がないというと嘘になりますが、とにかくチャレンジしてみないことには、前には進みません!トライ&エラーで何事にもチャレンジしていきます。

 また、セミナーや各種交流会の積極的開催、メルマガ発行頻度の増加、日本側の販売パートナーさんの増加、サイトのコンテンツ充実化等々、営業力強化がやっぱり最大の課題だと思っています。

 その他、中国国内での現行のビジネスに関連する、ちょっと畑違いの新規ビジネスや、まるっきり畑違いの新規ビジネスも、あるパートナーさんと一緒にやっていく計画です。

 実は、今、正月早々にも係らず、すぐにでも動きはじめたい気持ち、はやる気持ちで一杯です。

 でも今、まだ日本は正月ですからね!この、はやる気持ちを抑えなくては!

 でもでも仕事ばかりではありませんよ!この正月は、1日、2日は仕事をしますが、3日から、ちょっとエコノミーな小旅行(寧波の温泉+森林浴)も予定しています。人生、仕事ばかりでは心身ともに疲れて、良い仕事はできませんから、時にはリフレッシュも重要だと思います。

 とは言っても、しっかりとADSLがつながるホテルを選定したので、きっと仕事してしまうと思います(笑)!
 

【今日の格言】
 一年の計は、穀を樹うるに如くはなし。十年の計は、木を樹うるに如くはなし。終身の計は、人を樹うるに如くはなし。
 管仲(斉の宰相) 中国知将「一日一話」より

 <解説>
 1年間の生活のみを考えるなら、穀物を植えればよい。どうにか食べることはできよう。しかし、十年間の人生計画を立てるなら、木を植えなければならない。ガッチリした家も建てられるであろう。しかし、生涯の計画を考えるならば、よき人格を作り、良き人材を求めなければならない。優れた人材は、無限の価値を生み出す。

 
 なかなか奥深い言葉ですよね!
 無限の価値を生み出すのは、優れた人材。優れた人材を得るには、自分自身の人格を磨かないといけないということだと思いました。

 今年の個人目標、これで決まりです!
 

 では、今年も、この上海起業ストーリーをどうぞ宜しくお願い致します!

 メールマガジン中国オフショア開発・ソリューションビジネス最前線

 日本とアジアをつなぐBtoBマッチングサイトAsiaGATE(アジアゲイト)



↓もし宜しければ、いいね!クリック、宜しくお願いします。

↓最後まで読んで頂き、感謝です。もし宜しければ、応援(クリック)宜しくお願いします!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村


posted by モフー at 20:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「管仲に朋・鮑叔あり!!」

起業家には多くの仲間(心友)を?むことが、大事ですね。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by でぶじゅぺ理 at 2006年01月01日 17:00
でぶじゅぺ理さん

新年、あけましておめでとうございます!

>「管仲に朋・鮑叔あり!!」

よくご存知ですね!
最近、私は、こういった中国古典に興味があります。勉強になります。


>起業家には多くの仲間(心友)を署ルむことが、大事ですね。

はい、そうですね!


>今年もよろしくお願いいたします。
Posted by 上海起業ストーリー at 2006年01月01日 17:26
大木をみればよい。
まず、根をはるのにときがかかる。
すぐに才をあらわさないということである。
幹はまっすぐである。
ほかの木のじゃまをすることなく、陽光のながれにそってひたすら上昇をめざしている。
人に仰がれる人物も、おそらくそうであろう
「太公望」 (宮城谷昌光)
太公望は一匹の魚もつれない釣り師だった
しかし、天下をつった
小成は大成のつまづきにしかならない
Posted by 応援団長dmap at 2006年01月02日 20:20
>優れた人材は、無限の価値を生み出す

いいですね、この言葉!
無限の価値を生み出す集団を目指します!!
いつもありがとうございます(^-^)
Posted by はっぴーもりもり♪ at 2006年01月03日 00:38
応援団長dmapさん

 こんにちは!
 ご訪問、コメント感謝です!

>大木をみればよい。
>まず、根をはるのにときがかかる。
>すぐに才をあらわさないということである。
>幹はまっすぐである。
>ほかの木のじゃまをすることなく、陽光のながれにそってひたすら上昇をめざしている。
>人に仰がれる人物も、おそらくそうであろう
>「太公望」 (宮城谷昌光)
>太公望は一匹の魚もつれない釣り師だった
>しかし、天下をつった
>小成は大成のつまづきにしかならない
Posted by 上海起業ストーリー at 2006年01月03日 01:59
はっぴーもりもり♪さん

こんばんは!
いつも有難うございます!

>>優れた人材は、無限の価値を生み出す

>いいですね、この言葉!

確かに!

>無限の価値を生み出す集団を目指します!!
>いつもありがとうございます(^-^)
Posted by 上海起業ストーリー at 2006年01月03日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。