中国における業務管理パッケージソフト導入 成功のポイントとは


超久しぶりにコラム(Powered by 中国ビジネスヘッドライン&サーチナ)
を書かせて頂きました。

今回は中国において、業務管理ソフトを導入する際の成功ポイント
について考えてみました。

今後、中国現地での実務経験を通じて、もっともっと掘り下げて
研究していきたいと思います。

ちょっとさわりだけ記載します。もし良かったら、[続きを読む]を
クリックして覗いてみて頂けると嬉しいです。

------------------------------------------------------------
1.スクラッチ開発とパッケージソフトの活用

 一般的に業務管理システムを開発する場合、大きく分けると
スクラッチ開発(ニーズに基づき、すべての要素を個別に開発する)
とパッケージソフトの活用の2つの方式があります。

 スクラッチ開発は手作り開発のため、言わば痒いところにも
手が届くようなシステム作りが可能となります。しかし、コストも
高くつき、開発期間も長期になることが一般的です。[続きを読む]
------------------------------------------------------------

上海 システム開発上海 業務管理ソフトオフショア開発 中国オフショア開発 本




↓もし宜しければ、いいね!クリック、宜しくお願いします。

↓最後まで読んで頂き、感謝です。もし宜しければ、応援(クリック)宜しくお願いします!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へにほんブログ村


posted by モフー at 19:58 | 上海 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。